中国人留学生が急増、帰国者がエリートから一般人に

チャイナプロジェクトの樋笠です。海外から帰国する中国人留学生。かつてはエリートとして高給・厚待遇が保証されていましたが、そのような状況も変わってきたようです。
 
 
中国人留学生が急増、帰国者がエリートから一般人に
http://j.people.com.cn/94476/7992989.html
 
 海外の卒業証書を持つことはかつて、学生たちの追い求める夢であった。そのため、中国の大卒者は相次いで渡航し、「ステータス」の向上を続けていた。しかし中国人留学生の激増により、彼らはかつてほどチヤホヤされなくなった。しかも一部の高学歴の帰国者は就職難に苦しみ、職を求め駆け回っており、「高給」など求めようもない。浙江日報が伝えた。
 
http://bitex-cn.com/teaching_materials/126/show12033001.html
 
 現在は、海外大学の2013年度の留学募集シーズンだ。帰国後の初任給が低いという問題について、学生たちは異なる見方をしている。浙江大学の院生の肖童さんは近日、各留学仲介機関の開催する教育イベントを回っている。「高学歴の帰国者の初任給には差があり、大体月給3000-4000元(約3万7500-5万円)とされている。しかし海外で先進的な教育を受けていれば、数年後には他の社員がまだ3000-4000元の月給に甘んじる中、私たちは十数万元を稼ぐことができる」
 
 中国社会科学文献出版社がこのほど発表した「国際人材青書:中国留学発展報告」によると、2011年の中国の海外留学生数は延べ33万9700人に達し、世界最大の留学生源となっている。また2012年の中国の海外留学帰国者数は延べ23万300人となり、帰国者数が合計で延べ104万8700人に達した。この中には高学歴の帰国者が多く含まれ、留学生の「新帰国ブーム」が到来している。
 
 このほど発表された帰国者の就職力に関する直近の調査研究報告も、社会から注目を集めた。高学歴の帰国者の68.17%は3000-8000元(約10万円)の初任給を期待しており、8000-1万2000元(約15万円)が16.31%、1万2000元以上が11.58%を占めた。
杭州市の某外資系企業の人事担当者は、「高学歴の帰国者は高給ばかりを求めてはならない。給与はポストによって定まっており、社員が企業にどれほどの価値をもたらすかは、その業務内容によって決まる。内勤や事務の仕事で月給5000元をもらえると期待してはならない。就職前に、何がしたいのかをはっきり認識するべきだ」と語った。
 
 帰国者は給与や業務内容について「妥協」の態度を見せているが、多くの中国中小企業は彼らを敬遠している。国内の院生でも同じ仕事ができるのに、なぜ高い給与を払って帰国者を雇わなければならないのか、ということだ。
 
 帰国者の「価値暴落」の現象について、あるキャリアコンサルタントは、「まず、人材市場が理性的になり、企業は高学歴の帰国者がもたらす実際の価値を客観的に見るようになった。次に、留学の普及により、かつてはエリートとされていた帰国者が一般人化した」と原因をまとめた。
 
 就職戦争の圧力を受け、多くの高学歴の帰国者が地道に就活にいそしむようになった。博士課程を今年修了し帰国した方艶艶さんは、「高学歴の帰国者が高給を求めるのは、数年間の海外留学に高い費用がかかったためで、中国で教育の投資を一日も早く回収しようとしている。しかし中国市場を見る限り、この目標が実現される可能性は高くない。帰国を決定したのならば、現地の院生と同じスタートラインに立ち、長期的視野を持つべきだ。初任給が少なくても、中・長期的に見れば見返りが得られるはずだ」と語った。(編集YF)
 
 「人民網日本語版」2012年10月26日
http://j.people.com.cn/94476/7992989.html
 
広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中